終活に必要な遺影写真の用意は?生前に撮影するのが良い?

終活について

突然ですが、終活について考えたことがありますか?
そもそも終活とは、「人生の終わりを迎えるための活動」を指します。
最近では、終活を迎えるために準備をする人が多くなっているとニュースで聞くようになりました。
この記事では、終活に必要な遺影写真はどのように準備をしたらいいのかということと
終活に関する意識調査の結果をご紹介していきたいと思います。
少しでも参考になれば幸いです。
近年は、終活に対してしっかり考える方が増えてきていますとお伝えしました。
その中で遺影写真に対しての準備も変わってきたと言えます。
これまでは、遺影写真は遺族が選定をしていたのに対して、近年では当事者が自ら選定をしているようです。
早い人では、40代を迎えるくらいで遺影写真を撮影している人もいらっしゃるようです。
ここでは、遺影写真をどのようにとればいいのか(撮影に適合していると思われる年齢など…)
を紹介してまいりたいと思います。

遺影写真撮影に適合している年代はいくつくらい?

前述のように、通例では故人が遺影写真を選ぶのではなく
遺族が遺影写真を選ぶことが多かったのですが、近年では自ら遺影写真を撮影
選択することが多くなっています。
ここで疑問に思う方もいらっしゃると思いますが
遺影写真として撮影するのはいつくらいがいいのでしょうか。
例えば、20代くらいで若い写真を使ってしまうと追々誰なのか判別できないという
可能性もあるかもしれませんし、逆に後回しにしすぎて
撮影に行けない身体になってしまったら元も子もないです。
その点を鑑みると、外出できる年代のうちに遺影写真を撮影しておくのがいいと考えられます。
一度撮影したからといって、それを必ず使わないといけないというわけではなく
月日が経過してからでも何度も撮影することができます。
逆に動けなくなってしまった場合でも、自宅に撮影するスタッフが訪問するというサービスを
行っている業者もあるので、気兼ねなく検討することができます。

近年では、なぜ生前に遺影写真を選択するようになってきているのか?

終活の遺影写真

通常の葬儀であれば、息を引き取ってから1日ほどで通夜を行うのが通例とされています。
時間的・精神的に余裕がないため、もっといい写真にしてあげればよかったと
後悔する遺族も多くいるそうです。
終活で遺影写真をあらかじめ撮影していれば、故人の意思を最大限に尊重
そしてスムーズに遺影写真を選択できます。

遺影写真を撮影するときに注意すること

次に遺影写真を撮影する際に注意をすることを紹介していきます。

画質はなるべくいいものを使う

カメラ媒体の選択は特にないものの、遺影写真として使用する以上
拡大してもなるべく粗くない画素数が良いと思われます。
よく言われているのは200万画素以上の画質がよいと考えられます。
また顔は親指以上の大きさで、胸元までしっかり映すのがいいでしょう。

服装や身に着けているものに注意する

遺影写真と言われると、喪服を着て撮影をすると考える方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、少し前であれば喪服着用を推奨していたり
編集して喪服を着ているようにしていました。
しかし、最近では故人らしさを表現するために
服装の制限を設けないようにしていることが多いとのことです。
ただし、顔をはっきり見せることが重要になるので
帽子を被ったり眼鏡をつけることがあまりないようです。
女性の場合は、メイクをすると思いますが服装と同様に故人の意思を汲み
好きなようにメイクをするのを認めています。
メイクをしっかりしたいという方は、業者などに
依頼すればしてくれるのでお願いしてみるのがいいでしょう。

終活で遺影写真を事前に準備しておこう

遺影写真は、仏壇に飾ったりと非常に重要な役割を担います。
そのため、遺族側も遺影写真を選ぶ際は故人らしさを表現する必要があります。
遺影写真を事前に撮影しておけば、故人の意思を汲むことができ
スムーズに遺影写真を選ぶことができます。

関連記事

特集記事

TOP